病気発見の豆知識 こんな症状が起きたら病気がわかる

病気発見の豆知識 こんな症状が起きたら病気がわかる

口唇ヘルペスの症状について

病気発見の豆知識 こんな症状が起きたら病気がわかる
口唇ヘルペスの症状は、唇や唇周辺がヒリヒリしたり、ほてり、痛み、刺激感などの違和感が最初に訪れます。

しかし、多くの人はこれらの症状を放置してしまいます。
症状の度合いや進行具合は個人差があり、一概には言えませんが、通常は前触れの症状が現れてから半日後に、赤く腫れだすケースが多いようです。
腫れだしてから、時間が経つと水ぶくれが出来始めます。
水ぶくれには体液が溜まっており、ヘルペスの原因であるウイルスが含まれています。
水ぶくれは潰してしまうとウイルスが体外に出てしまい、人を感染させてしまう危険性があります。
水ぶくれはやがて、瘡蓋になり次第に症状は引いていきます。
発症してから完治するまで約2週間ほどかかります。
唇は喋ったり、食事をしたりなど常に動いていることが多い部位です。
その為、2週間以上の時間を有することも珍しくありません。

また、口唇ヘルペスは再発率が高い病気としても知られています。
通常、免疫系がウイルスを排除する場合、感染した細胞ごと排除します。

しかし、ヘルペスの原因であるウイルスは「神経細胞」に取り付きます。
神経細胞は一度排除すると二度と再生することはありません。その為、免疫系は神経細胞に対して規定の排除方法を取ることができません。神経細胞からウイルスを飛び出すのを抑える対応はしていますが、完全な排除はできません。これにより、ヘルペスのウイルスは細胞内に住み続けるのです。
そして、免疫力が落ちると神経細胞から飛び出し、ヘルペスを再発させます。
唇は顔にある部位なので、異変が起こると目立ってしまいます。
これらの異変を感じたら専用の薬等を使用し、素早く対応しましょう。

お薦めサイト